勤怠管理でコスト削減

subpage01

勤怠管理は企業がコンプライアンスに対応するためにも必要な管理項目になってきます。
従業員が過剰に働いていないか労働基準法に違反していないか管理をする必要があります。企業によってはフレックスタイム制や変形労働時間制などを採用するところが増えて、勤務形態も多様化してきています。労務管理を行うためには複雑な勤務形態に対応していなければなりません。
まず必要なことは正しい勤務を把握するということです。

働く場所や働き方も様々であり、場所や時間に関わらず勤務の情報を収集し、見えるようにすることが大切です。
最近はスマートフォンやインターネットを利用した収集方法もあり、営業で直行に行っても勤務時間を把握するということも可能です。正しい勤務状況を把握することと、いつでもチェックができる勤怠管理の仕組みを作ることが必要となります。



また勤怠管理は情報を集めて時間数まで計算する場合、その方法によってはとても工数が掛かってしまうことになります。



タイムカードで手作業で計算する場合は時間がかかってしまい効率的ではありません。
手作業ではミスも発生してしまうことになり、その結果を給料計算で利用している場合は翌月にやり直しなど行う必要もあります。
時間数の計算は自動的に行うことができるようにすることで、残業時間も計算できます。

多様化する勤務形態や場所や時間に関わらず勤怠管理ができるよう、自動計算ができるようにすることで会社内でその作業にかかるコストを削減することができます。



ITが気になる方

subpage02

企業に勤める社員がそれぞれどれくらい働いているのかという情報を作成して管理するのが勤怠管理業務です。しかしこの業務は直接的には利益を生まないため、経営者の中には勤怠管理をおざなりにしている人もいるというのが現状となっています。...

NEXT

ITについて情報

subpage03

会社に求められている事は利益を上げる事ですが、いかに効率的に利益を生み出すかが求められています。従業員の時間管理もその一つとなり、少ない時間数で利益を生み出すことができるのが理想です。...

NEXT

知りたいIT事情

subpage04

従業員を雇っているような会社や店舗ではいくつか管理しなければならない項目があります。勤怠管理はその一つなのですが雇っている従業員の勤務形態や雇用形態より勤務の実績を確認できるようにしておきます。...

NEXT

ITをよく学ぶ

subpage04

会社では残業時間など勤怠管理として見直しを行う必要があります。残業時間が多い場合ということは人材が不足しているのか業務が多いのかいずれかとなり改善が必要なのです。...

NEXT